会長あいさつ

宮崎県NIE推進協議会 会長 浜野崇好

 NIEの取り組みは、学校教育の中で新聞を活用して、子どもたちが豊富な語彙(ごい)を学び取り、読解力を身に付けるようにする。さらに、情報を的確に受け止めて、自主的に判断ができる力を付けることを目指すものである。既に、小中高校の学習指導要領にも「新聞の活用」が盛り込まれるようになっている。

 本県では、1996年に県NIE推進協議会が発足し、日本新聞協会の資金拠出と指導の下で、新聞を使った実践教育が始まった。当協議会の構成は、県教育委員会と宮崎市教委、県立学校長会、県校長会、県私立中学高校校長会、学識経験者それに新聞6社(朝日、西日本、日本経済、毎日、宮崎日日、読売)と共同、時事の通信2社である。  2008年度以降は、日本新聞協会が県内の小中高校から実践校に指定。これに当協議会が資金拠出する独自認定校が加わり、現在は毎年計9校で新聞6紙を使った授業を行っている。

 当協議会は2017年4月1日から本公式サイトの充実を図り、実践校の報告書やNIEのさまざまな活動に役立つ情報を掲載することにした。ご活用いただければ幸いである。
              

(2017年4月1日)

最新の新聞記事から

  • 10月19日付

    【朝日】旧石器時代 日本人の顔に迫る/石垣島 最古の全身骨格 分析進む

      25面「科学」で取り上げています。 

    【西日本】秋の七草の一つ 文様に好まれ/中陰桔梗(ちゅうかげききょう)

      10面トップ「もの知りこどもタイムズ」の「季節の紋切り 日本の形で遊ぶ」で解説しています。

    【日本経済】熱中症搬送2500人増/5~9月、平年より気温高く

      36面に消防庁のまとめとして掲載しています。

    【毎日】「うそ」や「ずる」教えるのか/「自由研究」代行ビジネス/「子どもが自力で」現実との落差/業者「宿題不要」親に罪悪感なし

      8面「記者の目」で問題提起しています。

    【宮崎日日】若手教員部活改革訴え/「私たちに休む権利を」/ネットで情報交換 負担減 国に要望へ

      5面に掲載しています。

    【読売】息合わせ伝統の演技/女子生徒が受け継ぐ踊り「小米桜」

      32面「スクールMemory」で日南市立飫肥中を紹介しています。

    • この情報は、加盟6社の了承を得て掲載しています。
    • 県協議会が各紙からひとつずつ選んでいます。
    • 記事は宮崎市内で販売された当日付朝刊から選んでいます。
    • 掲載社名は五十音順です。
    • 1週間経過後は消去します。

ニュース

最近の投稿

募集