会長あいさつ

宮崎県NIE推進協議会 会長 浜野崇好

 NIEの取り組みは、学校教育の中で新聞を活用して、子どもたちが豊富な語彙(ごい)を学び取り、読解力を身に付けるようにする。さらに、情報を的確に受け止めて、自主的に判断ができる力を付けることを目指すものである。既に、小中高校の学習指導要領にも「新聞の活用」が盛り込まれるようになっている。

 本県では、1996年に県NIE推進協議会が発足し、日本新聞協会の資金拠出と指導の下で、新聞を使った実践教育が始まった。当協議会の構成は、県教育委員会と宮崎市教委、県立学校長会、県校長会、県私立中学高校校長会、学識経験者それに新聞6社(朝日、西日本、日本経済、毎日、宮崎日日、読売)と共同、時事の通信2社である。  2008年度以降は、日本新聞協会が県内の小中高校から実践校に指定。これに当協議会が資金拠出する独自認定校が加わり、現在は毎年計9校で新聞6紙を使った授業を行っている。

 当協議会は2017年4月1日から本公式サイトの充実を図り、実践校の報告書やNIEのさまざまな活動に役立つ情報を掲載することにした。ご活用いただければ幸いである。
              

(2017年4月1日)

最新の新聞記事から

  • 12月15日付

    【朝日】立ち直る道 良心塾から

      29面「教育」の「いま子どもたちは 未来を変える」の初回です。

    【西日本】アフリカもっと知って/「あんな黒いの」山本議員へ手紙/ルーツ持つ子ら「対話したい」

      35面トップ記事です。

    【日本経済】STEAM教育芽吹く/理工系の知識+表現力/生徒ら協働作業/社会課題の解導く

      38面「学ぶ」で解説しています。

    【毎日】見守りIoTで/九電など実験 子供も高齢者も猫も

      23面で報じています。

    【宮崎日日】NIEで表現力育成/鵜戸小中全国新聞コン快挙/一貫校実践 着実に成長

      19面「日南・串間」の「県南ウェーブ」で独自認定校の成果を取り上げています。

    【読売】「和牛日本一」3県猛PR/全国大会で受賞/宮崎・鹿児島・大分 ブランド牛に冠

      29面「宮崎」トップ記事です。

    【複数紙】①税制改正大綱決定

      個人対象の増税が目立つ大綱について各紙が詳報しています。

    • この情報は、加盟6社の了承を得て掲載しています。
    • 県協議会が各紙からひとつずつ選んでいます。
    • 記事は宮崎市内で販売された当日付朝刊から選んでいます。
    • 掲載社名は五十音順です。
    • 1週間経過後は消去します。

ニュース

最近の投稿

募集