アドバイザーが3人就任(4月18日)

田﨑香織・高千穂小指導教諭

田﨑香織・高千穂小指導教諭

田村智宣・県教委学校政策課指導主事

田村智宣・県教委学校政策課指導主事

木幡佳子・宮崎西高付属中教諭

木幡佳子・宮崎西高付属中教諭

 日本新聞協会は、高千穂町・高千穂小の田﨑香織指導教諭(46)、県教委学校政策課の田村智宣指導主事(44)、宮崎西高付属中の木幡佳子教諭(44)を新たなNIEアドバイザーに認定しました。本県のアドバイザーは11人態勢となります。

 認定は12日付で、任期はいずれも2020年3月末までです(再任可能)。

 田﨑指導教諭は門川町立五十鈴小、日之影町立日之影小、同高巣野小を経て現職。2013年4月に指導教諭に昇任され、昨年度、本年度とスーパーティーチャーを委嘱されています。

 田村指導主事は、宮崎市立大淀中、同赤江中、西都市立銀鏡中、小林市教委を経て本年4月から現職。専門は中学社会科です。

 木幡教諭は実践指定校に指定された串間市立本城中時代に初めてNIEに携わり、3年間にわたるベトナム・ハノイ日本人学校勤務を経て現職。専門は田村指導主事と同じく中学社会科です。

 田﨑指導教諭と木幡教諭には現場での実践、田村指導主事には教育行政を通じて新聞活用教育の浸透や普及を支えると同時に、NIEに興味関心を抱く教育関係者に指導や助言を与え、NIEの底辺拡大を図っていただきたいと期待しています。

 3人の抱負は次の通りです。 

 田﨑指導教諭 「宮崎の子どもたちが、将来ふるさとのために貢献できる大人になるようなNIEの実践を積み重ねていきたい」。
 田村指導主事 「多くの先生にNIEを身近で手軽な教育と感じてもらうため頑張りたい」。
 木幡教諭 「子どもたちには新聞記事を読むことを通して、自分とは異なる見方や考え方に触れ、感性を磨いてほしい」。

 他のアドバイザーは次の通りです。

 川﨑辰巳氏(前県教育研修センター所長)▽猪野滋氏(日南市・吾田中校長)▽松尾和彦氏(宮崎市・宮崎西中校長)▽田上幸雅氏(都城市・山之口中校長)▽栗栖健治氏(高千穂町・高千穂小教頭)▽伊東泰彦氏(県教育研修センター主幹)▽宮本和典氏(都城市・小松原中教諭)▽川越政紀氏(県教委教職員課主査)